できる男は超少食 空腹こそ活力の源! レビュー 餓死





   



できる男は超少食 空腹こそ活力の源! レビュー 餓死

最近、奥さんと会話が少なくなっていませんか?
お互いに鬱憤が溜まってて不合理を感じているかもしれませんが、
あなたはもうすぐ性格が合わない、一緒にやっていけないと言われ、
失望されて、離婚要求されるでしょう。
子供から無視されてませんか?
今の状況では直に将来不安な不良になるでしょう。
家族離散の危機を感じていませんか?
このままだと未来に希望が感じられず
幸せとは程遠い現実に嘆くかもしれません。

長生きするための方法や
借金の苦しみについて
考えたり実践した方法を日記にしています。

http://plumsnow.blog6.fc2.com/

拓郎です、

『できる男は超少食 空腹こそ活力の源!』という本を読みました。

少食によるメリットが書かれています。

著者は医療に関するジャーナリスト、評論家の様です。

去年、この本は本屋で平積みされていたり 
お勧めのコーナーでよく見かけました。

気になっていたので読んでみました。

以下、レビューします。

本に書かれてますが、有名人や成功者は
1日3食の食事をしていないと書かれています。

1日1食しかしなくて、
少食の様です。

少食、いわゆるファスティング(断食)のメリットに
脳の細胞がデトックスされる事がある様です。

脳神経の汚れが落ちて、
脳が若返って活性化する様です。

脳のデトックス効果は、
うつ病などの心の病気も改善される様です。

うつ病患者に断食療法をしたら、
8000人のうち70%が症状が改善されたそうです。

その他の効果は以下の様です。
・体が軽くなる
・集中力がアップする
・疲れない
・若返える

少食は疲れない理由として

「3食食べると疲れる。なぜ疲れるかというと、消化にエネルギーを使うから。
食べた後は消化するため眠くなる。食べないと消化しないから眠くならない。
だから疲れない。」

という主張でした。

また、少食は長生きにも効果あると書かれています。

効果ありの根拠として、
長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)について触れています。

この遺伝子によって少食と長寿の謎が
解き明かされたと主張されていました。

そして、少食になると短眠になっていく様です。

また、少食だと精力が絶倫になるそうです。

少食だと、ある部分の朝の立ち具合がすごいらしいです。

男性の精力も旺盛になり、
女性の妊娠力も高まるらしいです。

少食になると、
餓死してはいけないという生物の本能が高まり
反対に生存しないといけないという本能が高まるのかもしれません。

これは感覚的にわかると思いますが、
少食はお金が貯まると書かれてます。

1日1食の人は1日3食の人よりも食費がかからないから
お金が貯まるのが理由の様です。

以上が本に書かれていた少食のメリットでした。

読んだ感想はズバリ言うと、
少食のメリットが記載されたいい本だと思います。

少食のメリットはあると思います。

でも、すぐにお腹が空きそうで、
我慢できずに挫折しそうと思いました。

なぜそう思ったか、詳しく話します。

あなたは、ダイエットをやった経験ありますか?

巷のダイエットはこんな内容ばかりと思いませんか?

「バナナしか食べてはいけない!」

「糖質を食べてはいけない。。」

「そばしか食べてはいけない・・・」

我慢ばかり要求してくるダイエットがほとんどだと思います。

こういった我慢を強制するダイエット、
私もやった事あります。 

ご飯の量を少なくしてみたり、
鶏のささみしかオカズにしないとか・・・

数日で挫折しました。

要はダイエットに失敗しました。。

なので、
私が少食のアプローチをやろうとしても
恐らく長続きできないなと思いました。

若くないとはいえ、それなりに食べるので
少食を強いられるのは、本能的にきついです。

我慢する方法は辛いと思います。

ダイエットで少食を取り入れたとしても
突然たくさん食べたくなり
リバウンドするリスクがあるかもしれません。

先程記載した、脳細胞のデトックス、脳神経の汚れが落ちる件ですが、
確かに添加物などを含む体に悪い食べ物を
1日3食食べると体に良くないと思います。

しかし、デトックスのために食事量を我慢するのは、
かえってストレスになりつらくなると感じました。

体に栄養を与えるクオリティが高い材料の食事を
1日3食する方のが体が元気になると思いました。

食事の材料の質を高めて
体に良い栄養素を取り込んだ方が健康になると思います。

私は健康に興味があって色々学んでいます。

今、健康になるためのクラブに入会しています。

そこで食事量を我慢しない方法を教わりました。

この食べ方は簡単で、
誰でもお手軽に実践できると思います。 

食事量を我慢しない画期的な方法だと思っています。

カレーライスと餃子とキムチという
一見変な組み合わせでも問題ないです。

スパイスの効いたカレーライスを
スプーンですくって口に含んでがっつり食べても大丈夫です。

醤油、酢、ラー油を小皿に入れて箸で少しかき混ぜた後、
少し焼き目の付いた餃子をふうふうと少し冷ましてから
パクリと食べてもOKです。

唐辛子とニンニクが効いてピリッとした白菜キムチを
ガシガシ食べても問題ありません。

私自身が感じた効果ですが、
この食べ方で食べた後は眠気はありません。

教わったこの秘密の食べ方が
消化による内臓の負荷を軽減しているからだと思っています。

詳しくお話しようと思いましたが、
長くなってしまったので、後日にします。

ちなみに、このクラブでも
定期的に内臓を休めることを推奨しています。

例えば、月に1日、
ジューサーで作ったフルーツジュースだけの食事にすると
内臓は案外休まる様です。

この健康クラブですが、自分に合ってるか無料で試せます。

30日間コストゼロで入会できます。

試してみて、もし自分に合わなかったら
自由に退会できます。

また、30日間で学んだ内容は費用請求されません。

リスク無しでお得なので、
興味がある人はブログを見て
入会案内の登録をしてみて下さい。